厚生年金標準報酬月額の上限改正

厚生年金保険法の改正について

厚生年金保険法の規定に基づき、令和2年9月から厚生年金保険の標準報酬月額の上限が変更になります。従前の標準報酬月額の上限等級(31級.62万円)の上に1等級が追加されることにより、次のとおり上限が引き上げられます。

【改正前】

月額等級

標準報酬

月額(円)

報酬月額(円)

保険料(円)

全額

(18.3%)

被保険者

負担分

(9.15%)

第31級

620,000

605,000以上

113,460

56,730

 

【改正後】

月額等級

標準報酬

月額(円)

報酬月額(円)

保険料(円)

全額

(18.3%)

被保険者

負担分

(9.15%)

第31級

620,000

605,000以上

635,000未満

113,460

56,730

第32級

650,000

635,000以上

118,950

59,475

 

今回の改正に伴い、改正後の新等級に該当する被保険者の方がいる事業主に対して、令和2年9月下旬以降、日本年金機構より「標準報酬改定通知書」が送付されます。

なお、標準報酬月額の改定に際して、事業主からの届出は不要です。

(出典:日本年金機構 令和2年7月20日)

7月の算定基礎届で第31級の決定を受けた方が、第32級に該当した場合は、10月支給の給料から保険料が変更になります。事務処理に誤りのないよう、改めてご注意をお願いいたします。

 

MENU

ごあいさつ
プロフィール
当事務所の理念
事業主様へ
アクセス
  プライバシーポリシー
業務のご案内
労働・社会保険全般
  労働・社会保険手続
  給与計算代行
  特別加入手続代行
新規適用手続代行
就業規則、社内規程
労務管理、労務監査
助成金等
起業家の方、応援
料金のご案内
お役立ち知識
法令改正情報
テーマ別・社会労務
ダウンロード
らくらく診断
お問い合せ
ブログ

MTBlog50c2BetaInner

MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 5.2