育児・介護休業法改正情報

育児・介護休業法(育児休業・介護休業等育児又は家族介護を行 う労働者の福祉に関する法律)改正(令和 3 年 1 月 1 日施行

育児・介護休業法(育児休業・介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律)は、子の看護休暇及び介護休暇について、次のように定めています。

(1)小学校就学の始期に達するまでの子を養育する従業員は、負傷し、又は疾病にかかった子の世話をするために又は、予防接種や健康診断を受けさせるために、年次有給休暇とは別に、子が一人の時は1年間に5日、二人以上の場合は10日を限度として取得することが出来る。

(2)要介護状態にある家族の介護その他の世話をする場合、介護を要する家族が一人の場合は1年間につき5日、二人以上の 場合は10日を限度として、年次有給休暇とは別に、介護休暇を取得することが出来る。

これまで休暇の取得単位は、1日又は半日でした。施行日以降、時間単位の取得が可能となります。なお、1日の所定労働時間が4時間以下の労働者は、そもそも子の看護休暇及び介護休暇を取得できませんでしたが、法改正により休暇の取得が可能になります。その結果、子の看護休暇及び介護休暇の取得ができない労働者は、労使協定で定めた場合を除くと、次のとおりです。

① 入社6カ月未満の従業員

② 1週間の所定労働日数が2日以下の従業員

ところで、時間単位の休暇については、法令上、就業時間中の取得(いわゆる中抜け)はできません。中抜けを認めるためには、労使協定の締結が必要なことにご注意ください。

MENU

ごあいさつ
プロフィール
当事務所の理念
事業主様へ
アクセス
  プライバシーポリシー
業務のご案内
労働・社会保険全般
  労働・社会保険手続
  給与計算代行
  特別加入手続代行
新規適用手続代行
就業規則、社内規程
労務管理、労務監査
助成金等
起業家の方、応援
料金のご案内
お役立ち知識
法令改正情報
テーマ別・社会労務
ダウンロード
らくらく診断
お問い合せ
ブログ

MTBlog50c2BetaInner

MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 5.2